×

CATEGORY

HOME»  はちみつの結晶化について

はちみつの結晶化について

白く固まってしまう現象のことを「はちみつの結晶化」と言われます。
結晶ははちみつ本来の特性であり、品質には全く問題はありません。
冬場など気温が低くなる(外気温が15~16℃以下)とはちみつの中に白い粒々ができることがあります。
これが結晶の始まりで、容器の底から全体に広がっていきます。
この症状を初めて見られた方はカビと勘違いされるかもしれませんが、
これは蜂蜜の性質によるものですので、品質はもちろんの事、変質などではありません。
はちみつに砂糖など人工的混ぜたりしている物は結晶化は起きません。
このように純粋なのか人工的に加えられているかの判断材料ともなります。
※ただし、花の種類などで結晶化がしやすい物、しにくい物があります。
 

結晶の溶かし方

鍋に40度~60度位のお湯を用意して、結晶化したはちみつ容器を入れて元キャップを外し
スプーンや菜箸などでゆっくりかき回してください。
結晶具合によりますが、30分~1時間程度で元の状態に戻ります。
※60度以上のお湯で湯煎するとハチミツの栄養が損なう恐れがありますので、注意してください。
再結晶化を防ぐには40度ぐらいのお湯でじっくり湯煎して溶かすと再結晶化しにくくなります。
少しでも結晶が残っていると、そこから結晶化が始まりますので、完全に溶かす事をおススメします。
湯煎で溶かすには温度の管理などで目が離せないので面倒だなぁと思う人は冬場限定となりますが、
コタツの中で溶かす事もできます。
6時間ほどと時間はかかってしまいますが、入れて放置が出来るので何かと楽ですよ。
※電熱器の近くだと熱くなりすぎる可能性があるのである程度離した場所に置いてください。

 

結晶化したハチミツの利用方法

ガチガチに固まったはちみつを溶かすのは手間がかかります。
面倒だと思う方はそのままお召し上がっても大丈夫です。
ジャリジャリとした感触がはまる方も少なくありません。料理にもそのまま使っても問題はありません。
 

当店のはちみつにつきまして

当店が取り扱っている一部のはちみつは天然で砂糖などの混ぜ物もしていないままの純粋はちみつがございます。
栄養素である花粉を残していますので前述のように13℃~15℃以下になると花粉を核としてそこから結晶化が始まります。
はちみつの栄養成分の中には非常に熱に弱い成分が含まれているので、
当店では加熱などをせず栄養素が生きたままのはちみつをお届けするため、冬なら結晶化したままをお届けする場合がございます。
何卒ご理解下さいますよう宜しくお願いいたします。
前述のようトーストなど乗せて食べたりして、いつもののはちみつとはまた違う食感をお楽しみ頂けます。
当店ではみつばちが稼働する春~秋の間に採取したはちみつを風味や美味しさを閉じ込めるためすぐに瓶詰して保管を致します。
瓶詰当初はサラサラしていたはちみつも冬場になるとそのまま結晶化していきます。
同じはちみつでも種類や保管場所によって結晶化の差がある場合があります。
同じ純粋はちみつですので、品質や味などの差はございませんので安心してお召し上がりくださいませ。

 

商品一覧

    • 該当データがありません。

CATEGORY

MENU

はちみつの結晶化について

メルマガ登録

お客様の声

ecoにご協力ください

CALENDAR